以前ランナーだったような? 今は休日にジョグとか。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の続きです。 

20kmのロードを終えて、いよいよトレイルゾーンへ 。
(吾国山 → 燕山 → 加波山 → 丸山 → 足尾山)

係員の方によれば ここまで20位くらいとのこと。
吾国山に入った時点で、前後に他のランナーの姿は無く、
コース外れてないかチョー不安・・・
所々にある、目印を頼りに走っていきます。

しかーし! ここでアクシデント発生
吾国山の下りの傾斜にバランスを崩し転倒
体が縦に転がり 木の根元にぶつかって止まった(笑)
しかも、ぶつけた箇所は6月に捻挫した左足首・・・

痛てーっ! って大声出すも、誰も居ないので、逆に恥ずかしい (・・;)

この転倒で、左腕のガーミンが土まみれになってしまいGPSをロスト・・・
貴重な初トレイルのデータを失ってしまいました

それ以降の下りは、慎重にバランスを重視
まぁ、ただの臆病者の走りとも言う・・・

さらに燕山に突入
燕山(1)
*写真提供kantokuスポーツ

鬼のように長い登り階段。 これが微妙に歩幅と違い スタミナを奪われました。
燕山(2)

そして加波山。 こんな山奥に神社があるなんて。 誰も来ないと思うんだけど・・・加波山(1)

残すトレイル区間は丸山、足尾山のみ。
この辺りから、女子で単独2位の方と抜きつ抜かれつの状態に。
登りで追いつき、下りで離される展開・・・

「下り 早いっすね!」って話しかけたら、
「下りは経験よ  そう、け・い・け・ん」  ですって。

私 当時44歳 この歳になって青二才扱いされるとは・・・ (-_-)ウーム
まぁ、さっきも転んでるから何も言えませんが(笑) 結局千切られてしまいました

ゴール前の残り数キロのロードは もはや地獄。 もうね、足が残ってませんでした
ここで粘ってればトップ20に入れたのに (*_ _)

そしてついに、疲労度まっくすでゴール
出走者名簿 ミドル48km 男子155名 女子17名
総合順位23位 種目別順位21位

想定以上の体力消耗で、走り終わった後 しばらくはボォーとしていました。
でも回復していくうちに、5時間半以上 心折れずアタックし続けた達成感が心を支配し始め・・・
メテオデさんのゴールを待って、ビール&チュウハイ&唐揚で乾杯

ゴール後

出し切った後だけに、ちょっと飲んだだけで酔いが回りました(笑)


では最後に・・・
この大会は自分が初めて出場したトレイルレースでした。

期待していた通りの非日常的な空間が楽しめただけでなく、
童心に返り無心で走る楽しさ、少し大袈裟な表現になっちゃうけど、
自分の中に潜む「野生」を感じることが出来た気がします。
トレイルの醍醐味って、これなのかな?

大会運営の方々、ボランティアの方々、
素晴らしい大会をありがとうございました!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
スポンサーサイト
前回の続きです。

今回 実はスタートからゴールまで、一切写真を撮っていません。
ブロガー失格です(笑)
思い出深い大会になりましたので、少しでも臨場感のあるレポを書きたいと思い、
同じ大会のロングの部に出場したkantokuさんにお願いをして、
ブログの画像を拝借することにしました。
kantoku ありがとね~!

スタート直後は平坦なロード
先頭集団は約15名前後 おおよそキロ4分半前後でしたので果敢についていきました。
う~ん、初めての先頭集団・・・ それだけでも貴重な思い出です(笑)

3km手前から田んぼのあぜ道へ これが意外に走りづらい
あぜ道?聞いてないよ~ そういえばノスタルジックな風景があるとは聞いていたかも。
2014092502.jpg
この辺りで先頭集団から離されました。
来年は あぜ道練習もしておくよ(笑)

5km地点ぐらい ロングの部のkantokuさんに追いつく。
2014092501.jpg
70キロも走るのに、ダッシュで私の前に出て撮ってくれました。
ホントにありがとう

ロード区間と言っても、進む毎に傾斜がキツくなってきます。
山に向かってるので当たり前ですが。
2014092503.jpg

トレイルに入る前のアップダウンのあるロードで、
脚をかなり使ってしまった感じです。

2014092504.jpg

関門で係員に順位を聞いたら20位ぐらいとのこと。
男子155名 女子17名でしたので、スタート前から なんとなくトップ20は意識してたかも。
そこからは抜いた人数と抜かれた人数をカウントすることに。

苦手なロードの上りを終えて、いよいよトレイル区間へ。
まずは吾国山へ突入します。 ここが約20km地点。

2014092505.jpg

今まで自分が経験してきた山は高尾山~陣馬山、筑波山、大山、富士山のみ。
どれも人気のある山で、比較的登山道も広くハイカーさんの数も多い。

でも、この大会のコースはハイカーさんの人影はありません(笑)
登山道も狭くてコースを外れて迷子になってしまいそうなくらい。

でも、逆に・・・ それが面白い

トレイル区間に入ってからは 前後にランナーは殆どいませんでしたので、
自分の呼吸音と、枝や葉を踏みしめて行く音しか聞こえない状況・・・

コース外れてないよね?とか不安に思う心境も 逆に普段では味わえない感覚。
怖い = 楽しい なんて思えることなんて今まで無かった。  

次にどんな急勾配が現れる? 自分はどこまで頑張れる?とか、
ドキドキ ワクワク感が体を支配して夢中で進んで行きました。

一言で言うと、「童心に返る」って言うのかな?
いや、なんか違うかも。
とにかく今まで味わったことのない非日常的な空間で走っている感覚なんです。
そう、その世界を味わいたいからエントリーしたんだよ。


思い出しながら書いてたら一人で盛り上がってしまいました。
表現が少しオーバー気味になってきましたので、続きはまた後日(笑)


ランキングに参加しています。
1クリックお願いします!
  
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
少々遅くなりましたけど・・・ いえ、かなり遅くなりましたけど、
「筑波連山天空ロード&トレインルランinいしおか」のレポ行きます。

私が出場するミドルの部は制限時間8時間の計48km

コースはロードを20km走った後、
吾国山 板敷峠 燕山 加波山 丸山 一本杉峠 足尾山のトレイル区間を抜けて、
スタート地点の石岡市八郷総合支所がゴール。
この地名は地元民じゃないと分らんな(笑)

累積標高差は2344m
2014082402.jpg

今回が初めてのトレラン大会の参加でしたので、
恐らく厳しいレースなる事は覚悟していましたけど、
まだ怖さを知らない分、最初から思い切りガチで行こうと思っていました。

スタートは午前5時5分
3時5分の石岡駅からのバスに乗って会場入り。

大会事務局の前に一際賑やかな集団がいたのですが、
その集団の中で 一番目立っていた人物を見てみると・・・
kantoku だぁ!

3年ぶりにお会いしましたけど全然変わってない(笑) 相変わらずパワフル
同い年のランナー同士、健闘を誓い合いました。

スタート前に同じミドルに出場するメテオデさんと合流するも、
お約束のシューズ写真を撮り忘れる(笑)

そして薄っすら夜が明けて来たところでスタートの号砲! 

2014092401.jpg

いよいよ、初のトレラン大会が始まりました。

引っ張るつもりはないのですが続きは後日に(笑)


ランキングに参加しています。
1クリックお願いします!
  
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
第1回筑波連山天空ロード&トレイルラン 終了いたしました

出走者名簿 ミドル48km 男子155名 女子17名
総合順位23位 種目別順位21位

2014083101.jpg

正直言いますと、想像していたより 超きつかった・・・

競技中は、初のトレラン大会参加ということもあり、
今まで見たこともない 大自然の壮大さを目の当りにしたり、
そして厳しさを味わったりで、貴重な経験の連続!

だけど今は、疲労困憊で “楽しかった” と “苦しかった” の区別が出来ないくらい、
記憶が飛んでしまって レース中のことは あまり覚えてません。 トシかな?
やや意識朦朧状態&抜け殻状態  ・・・(゚_゚i)タラー・・・
久しぶりに精根尽き果てた感じです。

ちょっとだけ余韻を感じますが、
5時間40分の間 ゴールまで心折れることなくアタック出来たことは、
自分なりに少し達成感があるかな。

それと最後は笑顔でゴールした (^▽^)/   これは覚えてる。
あと、急斜面で自分の体が転がった。 この痛さも覚えてる(笑)

とりあえず、今から仮眠して体力を回復させたいと思ってます!
だって、夜は飲みに行くんですから ひっそりね(笑)

ゆっくり休んで、今日のことを思い出したら 後日レポにまとめます。

最後に、この大会の大勢のスタッフの方へ。
熱いサポートと沢山の応援をありがとうございました。
本当に素晴らしい大会でした!


ランキングに参加しています。
1クリックお願いします!
  
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。